メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

駅や電車の対応、障害者の立場で 東区で差別解消法セミナー /愛知

障害者差別解消法セミナーで、差別を受けた事例を述べる伊藤秀樹さん=名古屋市東区のウィルあいちで

 交通事業者を対象にした「障害者差別解消法セミナー」が6日、名古屋市東区のウィルあいちで開かれた。昨年4月に施行された同法は障害を理由にした差別を禁止し、「合理的な配慮」を求めている。その趣旨を知ってもらおうと、国交省中部運輸局が主催した。社会福祉法人AJU自立の家(同市昭和区)で働く伊藤秀樹さん(43)が、駅などで受けた障害者差別の実例を挙げて説明した。【黒尾透】

 愛知を中心に管内5県から関係者約75人が参加した。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです