メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
現場から記者リポート

お多賀ごぼう復活 地域おこしの起爆剤に /滋賀

多賀町桃原で「お多賀ごぼう」を収穫するボランティアたち=中川信子さん提供

調理しやすい細さと強い香り 昨秋100キロ収穫、評判上々

 多賀町の多賀大社から数キロ山奥で住民が1人だけの過疎地、桃原(もばら)地区で、かつての特産品「お多賀ごぼう」を復活させるプロジェクトが進んでいる。今年度で3年目で、昨秋収穫したゴボウを地元や彦根市内で販売したところ即座に売り切れ、「香りがいい」と好評だった。地名になぞらえ、ゴボウを起爆剤に里山の「桃源郷」復活を目指している。【西村浩一】

 桃原地区は1965年ごろまで約60世帯が住み、林業や養蚕の他、冬にはスキー場がオープンし、彦根市内…

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1217文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです