メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える どうなる2017年の医療/下 /福岡

 第205回患者塾が昨年12月10日、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館であった。テーマは「どうなる2017年の医療」。若い女性の感染が増えている梅毒や、子供のアレルギー治療について専門家が説明した。

 ◆匿名希望

 22歳の孫娘が「顔と手足と大切なところに赤いぶつぶつができた」と親には内緒で相談に来ました。婦人科で梅毒と診断されました。

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです