メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

「あびき」って何? /長崎

気圧変化で突然、海面が上昇 予測難しく、気象台情報でチェックを

 なるほドリ 「あびきに注意」と聞いたことがあるけど、「あびき」って何?

 記者 周期の短い海面の上下動のことです。周期の長い満潮や干潮の潮位変化(「主振動」)とは異なり、あびきは数分から数十分の短い間隔で海面が上下動します。全国的には「副振動」といわれますが、突然海面が上昇し、速い流れで魚網が流されることから、県内では「網引き(あびき)」と呼ばれています。1979年3月31日に長崎港で記録した振幅278センチ(周期35分)が全国での観測史上最大です。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです