メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

天下りあっせん OBの「仲介力」頼る 文科省がお膳立て

 文部科学省の天下りあっせん問題の調査過程で新たに見つかった内部文書で、文科省人事課OBの嶋貫和男氏(67)を中心にした天下りあっせんシステムは、文科省が関連団体を巻き込んで主導的に構築していた疑いが浮上した。「国民の目から見ても極めて不自然」。記者会見した松野博一文科相は苦渋の表情で語った。

 文科省によると、あっせんの仲介役となった嶋貫氏は、2009年7月に文科省を退職した翌日、文科省OBが役員を務める財団法人「教職員生涯福祉財団」(東京都新宿区)の審議役として再就職。その勤務の傍ら、天下りのあっせんをしていた。

 「自分の経験を生かして何か支援ができないか」。文科省の調査に対し、嶋貫氏はあっせんを始めた理由をそ…

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2207文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです