メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止署名活動

元SEALDs、24歳・林田さんが参加 被爆者と若者、結びたい

「ヒバクシャ国際署名」の事務局で活動する林田光弘さん=東京都港区で、竹内紀臣撮影

 昨年8月に解散した学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーが、核兵器禁止条約の制定を求める「ヒバクシャ国際署名」の事務局キャンペーンリーダーを務めている。長崎出身の被爆3世で明治学院大院生の林田光弘さん(24)。「署名活動を、被爆者と若い世代をつなぐハブ(結節点)にしたい」と意気込む。

 署名活動は昨春、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の呼び掛けで始まった。10月には国連総会へ約56万筆を提出。活動の範囲を世界に広げている。林田さんはホームページや講演活動を通じて協力を呼びかけるほか、署名用紙の送付などの事務を担っている。

 祖父は原爆投下の翌日、救援活動で爆心地近くに行き被爆した。小学生のころ、祖父に体験を尋ねた。「弁当…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです