メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
どうぶつ

我慢強い猫、病気潜む場合も

動物病院に連れて行く際には、上部が開くタイプのキャリーケースがお勧めだ

 義務づけられた予防接種のない猫は、犬よりも病院の利用頻度が少なくなりがちだ。「嫌がるし、連れて行くタイミングが分からない」という飼い主の声も聞く。ただ、猫は我慢強く、痛みを隠している場合もある。今月22日の「猫の日」を前に、改めて愛猫の健康管理に目を向けたい。

 公益社団法人「日本獣医師会」の犬や猫の飼育者意識調査(2015年度)によると、動物病院の利用頻度について猫の場合は「年に1回未満」が27%と最も多かった。

 「骨折していても普通に歩いてみせるほど、猫はあまり症状を示さない」。こう指摘するのは、猫専門病院「…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1467文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです