メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャッチボールをする西武の秋山

 打撃、走塁の練習を終えると、西武の秋山は「学生時代も守ったことがない」という左翼の守備位置まで一直線に向かった。他の選手の打球を追い、軌道を確認する。「小久保監督に『レフトも(起用の可能性が)ある』と言われた。まずは慣れること」。本職の中堅以外での出場に備え、準備に余念がない。

 プロ野球のシーズン最多安打(216本)の記録保持者にして、俊足と強肩を備えた守備のスペシャリスト。侍ジャパンでは昨秋の強化試合で1番や9番などで活躍した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです