文科省

天下りあっせん 現役出向、83大学241人 補助金巡り癒着懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省の組織的な天下りあっせん問題を機に、文科省職員が国立大学法人に理事などの肩書で出向する「現役出向」も問題視されている。文科省は「職員が現場感覚を養い、出向経験を行政に反映できるメリットがある」と主張するが、専門家からは「学問研究の自立性が損なわれる」と廃止を求める声も出ている。

 文科省によると今年1月1日現在、全国83校に計241人の文科省職員が現役出向している。大学運営に関わる理事や副学長、事務局長といったポストが目立つ。最多は東京大と千葉大の各10人で、東京大は理事、経営支援担当部長、総務課長などとして出向している。今回の天下りあっせん問題で8件の違法行為に関与したとされる人事課OB、嶋貫和男氏(67)も1990年4月に東京学芸大主計課長▽91年8月に東京大人事課長▽2007年4月に北海道大理事・事務局長--として出向している。

 現役出向は天下りのあっせんのように法律で規制されてはいないが、補助金やさまざまな許認可権などを巡り省庁と受け入れ側との癒着を指摘する声もある。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文1089文字)

あわせて読みたい

注目の特集