メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジオパーク

筑波山地域推進協、認知度アップ目指し 映画でPR、ロケや市民出演で魅力知って /茨城

 「日本ジオパーク」としての認知度アップに向け、筑波山地域ジオパーク推進協議会(会長=五十嵐立青つくば市長)は6日、市民参加型の映画「いしつちみずと、だいちのこえ」を製作すると発表した。ロケやエキストラ出演などを通じて、まずは地元住民に足もとの魅力を知ってもらうのが狙いだ。【大場あい】

 筑波山を中心とする6市(笠間、桜川、石岡、つくば、かすみがうら、土浦)は昨年9月、貴重な地形などが残る自然公園「ジオパーク」に認定された。日本ジオパーク委員会は、関東平野にそびえる筑波山と広がる低地、かつて海だった霞ケ浦などの独特の地形や、保全活動の活発さなどを評価したが、認知度の低さが課題だった。

 そこで推進協はドラマ仕立ての映画によるアピールを計画。市民が主体となった作品作りで知られる映画監督…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです