メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジオパーク

筑波山地域推進協、認知度アップ目指し 映画でPR、ロケや市民出演で魅力知って /茨城

 「日本ジオパーク」としての認知度アップに向け、筑波山地域ジオパーク推進協議会(会長=五十嵐立青つくば市長)は6日、市民参加型の映画「いしつちみずと、だいちのこえ」を製作すると発表した。ロケやエキストラ出演などを通じて、まずは地元住民に足もとの魅力を知ってもらうのが狙いだ。【大場あい】

 筑波山を中心とする6市(笠間、桜川、石岡、つくば、かすみがうら、土浦)は昨年9月、貴重な地形などが残る自然公園「ジオパーク」に認定された。日本ジオパーク委員会は、関東平野にそびえる筑波山と広がる低地、かつて海だった霞ケ浦などの独特の地形や、保全活動の活発さなどを評価したが、認知度の低さが課題だった。

 そこで推進協はドラマ仕立ての映画によるアピールを計画。市民が主体となった作品作りで知られる映画監督…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです