メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊万里市

「ドローン先進地」宣言 庁内に研究チーム発足 業務に導入、企業誘致も模索 /佐賀

各課混成の研究チームの7人

 伊万里市の塚部芳和市長は6日「ドローン(小型無人飛行機)の先進地を目指す」と宣言した。庁内に職員7人による「ドローン研究チーム」が既に発足。一部の業務にドローンを導入する一方、企業誘致や観光振興での活用も模索している。【渡部正隆】

土木、地質調査会社と災害時協定も

 新ビジネスの創造を目指す「PORTO3316IMARI」(伊萬里まちなか一番館)で昨年9月、国内初のドローンサミットが開かれ、第一線の研究者が多彩な用途と無限の可能性を披露した。参加した塚部市長は「市としても利用の研究を」と20万円でドローン1機を購入し、研究チームを発足させた。

 職員は解説書を片手に操縦法を学びながら庁内業務への利活用方法も研究。昨年末に「ドローン先進地を目指…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文941文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]