メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

成長の余地ある米飯加工ビジネス=農業ジャーナリスト・青山浩子

 年を追うごとに過熱してきた恵方巻きの販売合戦。今年は、コンビニが店員にノルマを課したり、売れ残りを大量廃棄したりするなど後味の悪さを残した。

 一方、イベントで無理やり消費を刺激せずとも、安定的に支持を得ている米飯加工品もある。福井県にはおはぎだけで年間に1億円分以上販売する農産物直売所がある。地域によって具材や形が異なる押しずしも各地の直売所で売れ筋商品だ。一年中かしわ餅を食べる風習がある点を生かし、自ら作った米を粉にし、手作りのかしわ餅を年間通じて製造販売する稲作農家が福島県郡山市にいる。

 食生活が豊かになるにつれ、消費者が食べるご飯の量は減った。「国民が1杯ずつおかわりすれば、産地は生…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです