メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

誰にもわかりやすい県政 三重知事会見に手話通訳

鈴木英敬知事(左)と記者との質疑応答の様子を伝える手話通訳士=三重県庁で2017年2月7日、田中功一撮影

 三重県は7日、県庁で開いた鈴木英敬知事の定例記者会見で手話通訳を導入した。今後も、毎月2回開かれインターネットで同時中継される定例会見に付ける。知事会見での手話通訳は鳥取、山形両県に次いで3例目。

 4月に県手話言語条例が施行されるのを受けた措置。条例は「聴覚障害者が県政情報を円滑に取得できるよう手…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです