メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金田法相・共謀罪文書

民進と共産国対委員長が辞任迫る

金田法相、衆院予算委で、撤回して謝罪

 金田勝年法相は7日の衆院予算委員会で、「共謀罪」の成立要件を絞り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に関し、「国会提出後に議論すべきだ」と記した文書を自身の指示で作成したと認め、撤回して謝罪した。民進党の山井和則国対委員長は記者会見で「質問封じは謝罪・撤回で決着する問題ではない」と金田氏に辞任を迫る構えを示し、共産党の穀田恵二国対委員長も「辞任すべきだ」と要求。今後の国会審議で政府・与党の重荷になりそうだ。

 文書は6日に報道機関に配布された。法相は7日の予算委で「国会審議の在り方を示唆するものと受け止めら…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです