近畿経産局

若手後継者らを重点支援

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 近畿経済産業局は7日、関西での創業や起業の新たな担い手として、中小企業などで新たな事業展開に挑む若手後継者らを重点支援するアクションプラン(行動計画)を発表した。関西に多い中小・零細企業での「第二創業」を支援することで、経済活性化を促すのが狙い。2020年まで集中的に支援に取り組むとしている。

 経産局は16年から、産業競争力強化法に基づく創業支援の計画…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集