メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米外相電話協議

日米同盟強化の方針で一致

 岸田文雄外相は7日、米国のティラーソン国務長官と初めて電話で協議し、日米同盟を強化する方針で一致した。ティラーソン氏は沖縄県・尖閣諸島について、対日防衛義務を定めた日米安全保障条約の適用範囲との考えを表明。政府はこれも踏まえ、安倍晋三首相に岸田氏ら3閣僚が同行する10日のトランプ大統領との会談で、強固なパイプを構築したい考えだ。

 岸田氏は電話協議で、訪米時も念頭に外相会談を行うことを確認した。世耕弘成経済産業相も7日の記者会見で「ウィンウィンの経済関係をどうやって構築するか、建設的な議論がしたい」と述べ、同行する考えを示した。麻生太郎副総理兼財務相も同行する。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです