スリランカ

港を中国に貸し出しへ 財政厳しく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 スリランカ政府は近く、南部ハンバントタ港の運営権を99年間、中国企業に貸し出すことで最終合意する方針を固めた。スリランカ政府高官が毎日新聞の取材に明らかにした。2015年に発足したシリセナ政権は「脱中国依存」を目指し全方位外交を進めたが、財政事情は厳しく、中国に頼らざるを得ない状況が浮き彫りになった。【コロンボで金子淳】

 地元政治家などによると、ハンバントタ港は10年、親中派のラジャパクサ前政権下で建設された。建設費約13億ドル(約1500億円)の多くは中国からの融資で、一部は年利6%を超える高利だという。だが、完成後も船舶の利用は少なく、港は「巨大なスイミングプール」(野党政治家)と批判された。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文982文字)

あわせて読みたい

ニュース特集