メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BPO

「臆せずに放送を」 TV選挙放送で意見書公表

2016年の参院選や都知事選をめぐるテレビ放送について意見を述べるBPO放送倫理検証委員会の川端和治委員長(奥中央)ら=東京都千代田区で2017年2月7日午後4時10分、徳野仁子撮影

機械的・形式的平等に「編集の自由を自ら放棄するに等しい」

 NHKと日本民間放送連盟による第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」の放送倫理検証委員会(委員長・川端和治弁護士)は7日、テレビの選挙放送について意見書を公表した。選挙期間中も報道は「自由」であるとし、政治的公平性は発言の回数や時間といった「量」ではなく「質」で保つべきだとしている。政治的公平性を強調して放送局に対する監視の姿勢を強める政府をけん制し、「臆することなく放送を」と鼓舞した。【須藤唯哉、丸山進】

 委員会が個別の番組ではなく、選挙報道全体に対して意見書を公表するのは初めて。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. インフルエンザ全国で猛威 患者163万人、警報水準に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです