千葉市動物公園

レッサーパンダ「メイタ」、本当はメス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
本当はメスだったレッサーパンダの「メイタ」=千葉市動物公園提供
本当はメスだったレッサーパンダの「メイタ」=千葉市動物公園提供

 オスとして愛称を公募し「メイタ」と名付けられた千葉市動物公園(同市若葉区)のレッサーパンダが、本当はメスだったことが分かった。

 メイタは2014年6月生まれ。生後2カ月ごろにオスと判定された。しかし成熟期を迎えてもオスとしての生殖器の発達が確認できず、先月、レントゲン撮影や触診などで再検査して判定…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集