メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天下りあっせん

文科省主導、明白に 前次官ら証言

 文部科学省の天下りあっせん問題で、衆院予算委員会は7日、集中審議を実施した。文科審議官当時に違法な再就職あっせんをした前川喜平・前事務次官(62)=1月20日付で依願退職=と仲介役だった人事課OBの嶋貫和男氏(67)、歴代人事課長8人が参考人として出席。嶋貫氏を仲介役とする脱法的なあっせんの体制づくりを示す内部文書(2013年9月11日付)について、当時の人事課長、伯井美徳・大学入試センター理事は、人事課職員と嶋貫氏が相談して作成し、人事課から当時の事務次官に報告していたと証言した。文科省が組織ぐるみであっせんシステムを構築していたことが明白になった。

 また、関靖直・研究振興局長をはじめ、10年7月以降に人事課長を務めた計6人が、嶋貫氏を介したあっせんを認識していたと説明した。一連の問題発覚後、前川氏や嶋貫氏が公の場で説明するのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです