メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「ビーフシチュー」と「ハッシュドビーフ」の違い

「ビーフストロガノフ」「ハヤシライス」も解説します!

[PR]

マキ「うふふふ♪」
ケビン「不穏……」 マキ「ちょっと。不穏ってひどくない?心を込めて作ってるんだけど?」 ケビン「それは失礼シマシタ。何を作っているノ?」 マキ「えっと……、『ハッシュドビーフ』かな?いや『ビーフシチュー』かも……」 ケビン「あやふやダネ……。その違い、僕が説明シマスヨ」
さて、今回はシチューはシチューでも「ビーフシチュー」の話です。 「ハッシュドビーフ」「ハヤシライス」「ビーフストロガノフ」と一緒に解説します。 「ビーフシチュー」は、牛肉やタマネギ、ニンジン、ジャガイモなどをデミグラスソースや赤ワインで煮込んだものです。 具材は大きめで、見た目にもボリュームがあるのが特徴ですね。 シチューは16世紀後半から17世紀前半にフランスで生まれ、明治時代に日本へ伝わりました。
「ハッシュドビーフ」の「ハッシュ(hash)」は細かく切るという意味。 「ハッシュドビーフ」は細かく切った牛肉やタマネギを使います。 「ビーフシチュー」同様、デミグラスソースなどで煮込みます。 「ハヤシライス」は「ハッシュドビーフ」をご飯にかけた日本生まれの料理です。 「ハッシュ」がなまって「ハヤシ」になった、書店「丸善」創業者の早矢仕有的(はやし・ゆうてき)が考案したなど、発祥には諸説あります。 「ビーフストロガノフ」は19世紀のロシアで誕生した料理です。 牛肉やタマネギ、マッシュルームなどをサワークリームのソースで煮込んだものです。 ご飯などと合わせたりします。 ケビン「名前はロシアのストロガノフ伯爵にちなんでイマス。フランスの伝説的シェフ、アントナン・カレームが考案したソウデスヨ」
マキ「へー……それじゃこれは具が大きいから『ビーフシチュー』だし」 ケビン「確かに……。大胆なほどに大きくカットされた具材たち。マキさんらしい『ビーフシチュー』だね」 マキ「それ褒めてる?」 ケビン「もちろんデース!この『ビーフシチュー』食べさせてほしいネ!」 マキ「いいけど、ご飯にかけるのは禁止だし!」 ケビン「エェ……。残念デース」
マキ「具が小さいのは『ハッシュドビーフ』だし」
それではまとめです。 「ビーフシチュー」は大きい具材をデミグラスソースや赤ワインで煮込んだもの。 「ハッシュドビーフ」は小さい具材をデミグラスソースなどで煮込んだもの。 「ハヤシライス」は「ハッシュドビーフ」をご飯にかけたもの。 「ビーフストロガノフ」は具材をサワークリームで煮込んだもの。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです