メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

中高年のSNS注意点 「友達」が詐欺サイト誘導も

SNSで注意したいこと

 スマートフォンの普及で、ツイッター、フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)がますます身近になってきた。若い世代だけでなく、中高年の間にも利用が拡大しているが、それに伴ってトラブルが増えている。どんな点に気をつければいいのか。【井田純】

 久しく連絡を取っていなかった学生時代の友人と旧交を温めたり、趣味などを通して新たな出会いが生まれたりと、中高年世代はSNSを使いこなしている。その一方、増加しているトラブルはどのような内容なのか。

 国民生活センターによると、2011年度には、全国で4291件あったSNS関連の相談のうち、40代以上からは4分の1以下にとどまっていた。ところが、15年度には総数9533件のうち、40代以上からの相談が4割近くを占めた。同センター相談情報部の井上竜一さんは「15年度は70代以上の相談も200件近い数になりました」と実情を話す。

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです