メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おもしろいもの観た?

不寛容な時代へのメッセージ

 こんな時代だから、劇場では現実を忘れてロマンチックな夢を見たい。それもいい。でも、今まさにこんな時代だから、人間や社会をありのままに映し出すドラマがひときわ心に響く。

 劇団四季が昨年12月から上演中のミュージカル「ノートルダムの鐘」(アラン・メンケン作曲、スティーブン・シュワルツ作詞、ピーター・パーネル脚本、スコット・シュワルツ演出、高橋知伽江(ちかえ)日本語台本・訳詞、6月25日まで、四季劇場[秋])は、ディズニーの長編アニメーションを基にフランスの文豪ビクトル・ユゴーの原作に立ち返り、ディズニーミュージカルのイメージをいい意味で裏切ってくれる。4人の男女が織りなす愛の物語は、心の闇をも直…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです