メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 テロリズム 生の人間関係が歯止めに 作家 真鍋厚さん(37)

真鍋厚さん=東京都千代田区の現代書館で、棚部秀行撮影

生の人間関係が歯止めに

 世界中でやむ気配のない「テロリズム」。私たちはいつしか「テロ」やそのニュースが当たり前の社会に暮らすようになった。だが、国やメディアが当然のように使う「テロ」「テロリスト」という言葉に、作家で評論家の真鍋厚さん(37)は疑義を唱える。なぜそれは「テロ」と呼ばれるのか。著書『テロリスト・ワールド』(現代書館)で問いを掘り下げている。【棚部秀行】

 鮮烈な映像体験だったという。2014年夏ごろから、過激派組織「イスラム国」(IS)が制作し、インタ…

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1787文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです