メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はだか祭

大鏡餅を奉納 稲沢・国府宮神社できょう /愛知

台車に乗せるため、クレーン車でつり上げられる奉納用の大鏡餅=稲沢市の国府宮神社で

 稲沢市の国府宮神社で9日に行われる「はだか祭」を前に、同市の大里西奉賛会が8日、大鏡餅を神社に奉納した。神事で人々の厄を一身に背負う神男(しんおとこ)を務める清須市大嶋の会社員、松岡武弘さん(30)が楼門前で出迎えた。

 大鏡餅は直径約2・5メートル、重さ約4トンで、3日に奉賛会員約1000人によってつき上げられた。会員約600人が餅を乗せた台車を引いて参道を進み、拝殿内に無事納めた。

 参道には大勢が集まり、奉納を見守った。大鏡餅は、祭り翌日の10日に細かく切られ、希望者に授けられる…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです