選挙

米原市長選 迫る、12日に告示 市街地づくりや人口減少対策 合併から12年、課題克服へ /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新たな市街地創出が期待される米原駅東口周辺=滋賀県米原市で、若本和夫撮影
新たな市街地創出が期待される米原駅東口周辺=滋賀県米原市で、若本和夫撮影

 任期満了に伴う米原市長選が12日に告示され、19日に投開票される。これまで現職で3選を目指す平尾道雄氏(66)と新人で市議の松崎淳氏(40)が立候補を表明している。米原市は2005年2月、山東、伊吹、米原の旧3町の合併で誕生し、同年10月に旧近江町が加わった。合併から12年。同市には県内唯一の新幹線停車駅がある一方、約3万9000人の人口は県内13市で最も少ない。米原駅を中心とした市街地づくりや人口減少対策が課題となっている。【若本和夫】

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1132文字)

あわせて読みたい

注目の特集