メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

米原市長選 迫る、12日に告示 市街地づくりや人口減少対策 合併から12年、課題克服へ /滋賀

新たな市街地創出が期待される米原駅東口周辺=滋賀県米原市で、若本和夫撮影

 任期満了に伴う米原市長選が12日に告示され、19日に投開票される。これまで現職で3選を目指す平尾道雄氏(66)と新人で市議の松崎淳氏(40)が立候補を表明している。米原市は2005年2月、山東、伊吹、米原の旧3町の合併で誕生し、同年10月に旧近江町が加わった。合併から12年。同市には県内唯一の新幹線停車駅がある一方、約3万9000人の人口は県内13市で最も少ない。米原駅を中心とした市街地づくりや人口減少対策が課題となっている。【若本和夫】

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです