メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 宙組が「王妃の館」上演 浅田次郎氏の原作を脚色 ツアー客の騒動描く /兵庫

ルイ14世を主人公に新作を執筆中の恋愛小説家、北白川右京(朝夏まなと)

 宝塚歌劇団宙組が宝塚大劇場で、ミュージカル「王妃の館」(脚本・演出、田渕大輔)を上演している。小説家、浅田次郎氏の原作を脚色した。かつてルイ14世を城主としたパリ屈指の高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、日本人ツアー客たちの人生模様をコミカルに描く。トップスターの朝夏まなとと今公演で退団するトップ娘役の実咲凜音(りおん)が、前代未聞の騒動に立ち向かう男女を演じる。3月6日まで。【文・小寺裕子、大笹久光、写真・山田哲也】

 倒産寸前の旅行代理店の社長兼ツアーコンダクターの桜井玲子(実咲)は、同じく深刻な経営難に陥っていた「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」を抱き込み、贅沢ツアーと格安ツアーを企画。双方のツアー客が鉢合わせしないよう綿密に計画を練り、同じ滞在期間に同じ部屋で、時間をずらして宿泊させるという一か八かの暴挙に打って出たのだった。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  4. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  5. 村上春樹をめぐるメモらんだむ 影響を感じさせる「愛読書」を翻訳 村上さんが「菅ちゃん」と呼んだわけ=完全版

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです