メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 宙組が「王妃の館」上演 浅田次郎氏の原作を脚色 ツアー客の騒動描く /兵庫

ルイ14世を主人公に新作を執筆中の恋愛小説家、北白川右京(朝夏まなと)

 宝塚歌劇団宙組が宝塚大劇場で、ミュージカル「王妃の館」(脚本・演出、田渕大輔)を上演している。小説家、浅田次郎氏の原作を脚色した。かつてルイ14世を城主としたパリ屈指の高級ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、日本人ツアー客たちの人生模様をコミカルに描く。トップスターの朝夏まなとと今公演で退団するトップ娘役の実咲凜音(りおん)が、前代未聞の騒動に立ち向かう男女を演じる。3月6日まで。【文・小寺裕子、大笹久光、写真・山田哲也】

 倒産寸前の旅行代理店の社長兼ツアーコンダクターの桜井玲子(実咲)は、同じく深刻な経営難に陥っていた…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです