メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ワシントンの桜祭りとエリザ=政治アナリスト・横江公美

 ワシントンでは桜祭りの季節が近づくと、「桜の起源」についての論争が再燃する。韓国と中国の両方が桜の起源は我が国だと主張し、「桜祭り」を日本だけのお祭りではなく、「アジアのお祭り」にしようと声を上げるのだ。

 だが、歴史をひもとくと、日本の桜でなければならない理由が見えてくる。

 桜祭りの季節になると、ワシントンの本屋と博物館の売店には、「エリザ・シドモア」という女性を主役にした絵本が並ぶ。エリザは、外交官だった兄と世界を旅した。その際、彼女の心を捉えたのが日本の桜の風景であった。ワシントンの南、ポトマック河畔に日本の桜が植えられたらどんなにきれいだろうと考え、1885年に…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです