メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

惑星

もとは「ドーナツ」 ガスやちり、衝突し膨らむ 理研など観測

 理化学研究所などの国際チームは8日、生まれたばかりの「原始星」の周囲にガスやちりが集まり、惑星のもととなる円盤が形成される仕組みを、南米チリのアルマ望遠鏡による観測で解明したと発表した。太陽系など惑星系の形成過程を解く手がかりになるという。同日付の英科学誌電子版に掲載された。

 惑星系は中心の恒星ができた後、重力で宇宙に漂うガスやちりが回転しながら引き寄せられ、惑星のもととなる「原始惑星系円盤」が生まれるとされる。

 しかし、恒星にある程度近付くと、回転による遠心力でガスやちりは吹き飛ばされ、円盤は形成されない計算で、なぜ実際に円盤ができるのかは謎だった。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです