メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

惑星

もとは「ドーナツ」 ガスやちり、衝突し膨らむ 理研など観測

 理化学研究所などの国際チームは8日、生まれたばかりの「原始星」の周囲にガスやちりが集まり、惑星のもととなる円盤が形成される仕組みを、南米チリのアルマ望遠鏡による観測で解明したと発表した。太陽系など惑星系の形成過程を解く手がかりになるという。同日付の英科学誌電子版に掲載された。

 惑星系は中心の恒星ができた後、重力で宇宙に漂うガスやちりが回転しながら引き寄せられ、惑星のもととなる「原始惑星系円盤」が生まれるとされる。

 しかし、恒星にある程度近付くと、回転による遠心力でガスやちりは吹き飛ばされ、円盤は形成されない計算…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文539文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです