メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

惑星

もとは「ドーナツ」 ガスやちり、衝突し膨らむ 理研など観測

 理化学研究所などの国際チームは8日、生まれたばかりの「原始星」の周囲にガスやちりが集まり、惑星のもととなる円盤が形成される仕組みを、南米チリのアルマ望遠鏡による観測で解明したと発表した。太陽系など惑星系の形成過程を解く手がかりになるという。同日付の英科学誌電子版に掲載された。

 惑星系は中心の恒星ができた後、重力で宇宙に漂うガスやちりが回転しながら引き寄せられ、惑星のもととなる「原始惑星系円盤」が生まれるとされる。

 しかし、恒星にある程度近付くと、回転による遠心力でガスやちりは吹き飛ばされ、円盤は形成されない計算で、なぜ実際に円盤ができるのかは謎だった。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです