日米首脳会談

米に閣僚級協議提案へ 通商や経済で枠組み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン秋本裕子】安倍晋三首相は10日のドナルド・トランプ米大統領との首脳会談で、通商政策や経済協力に関する協議を行うよう提案する見通しだ。麻生太郎副総理とマイク・ペンス副大統領を議長とする閣僚級協議の枠組みを想定している。

 首相は、米国の雇用創出や投資拡大に貢献し、日本企業の受注など収益改善にもつながる相互利益(ウィンウィン)のパッケージ案を提案する方針。貿易や投資などのルールを日米共同で作る通商戦略での協調も呼びかける考えだ。環太平洋パートナーシップ協…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集