メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

リベンジへ牙を研ぐ ソフトバンク・内川

特打で快音を連発したソフトバンクの内川=宮崎市の生目の杜運動公園で2017年2月8日、角田直哉撮影

 全体練習が終わった後も、メイン球場にソフトバンク・内川の姿があった。フリー打撃で、広角に鋭い打球を連発。131スイングのうち安打性の当たりは半数以上で、10本が柵を越えた。ロングティーも含めると1時間弱の特打。本人は「ペースを早めるとかはない。いつも通りにやって、打撃の確率を高めることが大切」と淡々としたものだが、響く快音が順調な調整ぶりをうかがわせる。

 3度目となるWBCを「相当な覚悟がいる大会」と言う。印象に残った場面がある。初出場した2009年の…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです