メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポフォト

トップアスリートを知る File No.096 競泳 池江璃花子

[PR]

 <Sportsスポーツ Photographフォトグラフ

     ◆池江璃花子いけえりかこ(16)

    ははにすすめられ実践じっせんしたことは?

    先月せんげつ28にち東京都選手権とうきょうとせんしゅけん女子じょし200メートル自由形じゆうがたで、1ぷん56びょう33の日本新記録にほんしんきろくしました。自由形じゆうがたとバタフライのそれぞれ50メートル、100メートルでも日本記録にほんきろくっています。 

     水中出産すいちゅうしゅっさんまれた「みずもう」は、3さいから水泳すいえいはじめました。小学生時代しょうがくせいじだい表彰台ひょうしょうだい一番高いちばんたかいところにいる自分じぶん姿すがたきました。母親ははおやにすすめられて、毎晩寝まいばんねまえにベッドのうえをつむり、自分じぶん優勝ゆうしょうする姿すがたをイメージしたそうです。………………………………………………………………………………………………………

    DATA FILE

     2000ねん7月4日生がつよっかうまれ▽身長しんちょう170センチメートル▽東京都出身とうきょうとしゅっしん淑徳巣鴨高校しゅくとくすがもこうこう、ルネサンス亀戸所属かめいどしょぞく▽リオデジャネイロ・オリンピック100メートルバタフライ5

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

    4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

    5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです