メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「明治礼賛」でいいのか 政府は来年「150年記念事業」を大々的に計画

「明治百年記念式典」で演技を披露する日本体育大学の学生。中央は天皇、皇后両陛下(昭和天皇、香淳皇后)。当時の毎日新聞は、「軍国主義復活」を懸念して野党の国会議員の欠席が相次ぎ、国会事務職員が空席を埋めたと報じている=東京都千代田区の日本武道館で1968年10月23日

 来年は明治元年(1868年)から150年。政府は「近代国家への第一歩」を踏み出した年と振り返り、さまざまな記念事業を予定している。しかし、誇れることばかりだったのだろうか。「富国強兵」を推し進めた明治時代と、集団的自衛権の行使を容認する現代。時代の空気感はどうも似ているようなのだ。【沢田石洋史】

外圧の高まりとナショナリズム高揚

 まず、政府の各府省庁連絡会議が「『明治150年』関連施策の推進について」(A4判3ページ)と題してまとめた文書の概要を見てほしい=表参照。

 「基本的な考え方」の一つは「明治以降の歩みを次世代に遺(のこ)す」。もう一つは「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」。作家の半藤一利さんは「これではトランプ米大統領の発想と同じで『ジャパン・ファースト』。ナショナリズムを鼓舞するのは非常によくない」。

この記事は有料記事です。

残り3511文字(全文3872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです