メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府市

し尿処理場、建て替えへ ゴミ助燃剤として再利用 /大分

 老朽化した別府市中須賀東町のし尿処理場「春木苑」の建て替えが決まり、安全祈願祭が行われた。市によると、1969年に供用を開始した春木苑は今後、稼働させながら3年がかりで順次、新施設へ移行する。し尿や生ゴミなどを助燃剤に変え、市内の藤ケ谷清掃センターでゴミ処理の燃料として再利用することを目指す。

 春木苑が建設された当初は、市内に「くみ…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 時の在りか コロナに弱い側用人政治=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです