メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

日本人の2割超が悩む疾患、不眠症 十分な問診と薬物療法

心の病気など原因、加齢で増加 寝付きが悪い、早朝覚醒…医師に相談を

 「ベッドに入ってからなかなか眠れない」「すっきりと目覚めることができない」。ストレスを抱えながら生きている人が多い現代社会。こういう悩みは少なくない。「不眠症」について清水病院(観音寺市)の辻健三院長に話を聞いた。【聞き手、毎日新聞高松支局長・玉木達也】

 -不眠に悩む人はどのくらいいるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2864文字(全文3048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです