メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証実験

パワースーツで除雪作業 労力3分の1軽減

パワーアシストスーツを着用して雪かきをする男性=秋田県横手市で2017年2月9日、池田一生撮影

 農作業や除雪時の肉体への負担を軽減する「パワーアシストスーツ」の効果を検証する実験が9日、秋田県横手市増田町のリンゴ畑で行われた。「重たい物でも楽に持ち上げられる」が売りのパワースーツ。急ピッチで高齢化が進む農業県・秋田での実用化に、関係者は期待を寄せている。【池田一生】

 この日の実験では、除雪作業時の負担軽減を検証。県や県立大、地元のリンゴ農家らが参加した。増田町付近は豪雪地帯で、今年は例年より少ないものの、リンゴ畑一面には約1メートルの積雪があった。農家の20~40代の男性がスーツを着用し、スコップを使って約15分にわたって雪かきを行い、終了後に心拍数を計測。未着用時と比較して負担がどのぐらい軽減されているかのデータをとった。

 実験に使用されたスーツは3種類。いずれも背負う形式で、重い物を持ち上げる際に、体への負担が軽減され…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです