大明駒

漢字なくした将棋の駒 初心者向け斬新デザイン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シンプルなデザインで駒の動き方を示した「大明駒」=ファンダメント提供
シンプルなデザインで駒の動き方を示した「大明駒」=ファンダメント提供

 初心者に将棋の魅力を伝えたいと、駒の図柄でその動き方が一目で分かる「大明駒(たいめいこま)」を、アートディレクターの稲葉大明さん(38)がデザイン・制作した。女性からは「おしゃれ」、将棋愛好家には「初心者に教えやすい」と好評で、優れたデザインに贈られる「グッドデザイン賞」(2016年度)を受賞した。

 子供の頃から将棋が好きだった稲葉さんが、大明駒のアイデアを思いついたのは、初心者に将棋のルールを教えた時だった。最も難しかったのが駒の動き方を理解してもらうことで、漢字を一切使わず、駒が進むことのできる方向を視覚的にデザインすることを考えついた。14年に制作・販売を開始。商品名の「大明」は自分の名前と、「大変明解」の意味をかけたという。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文879文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集