保育園騒音訴訟

「受忍限度超えず」請求棄却 神戸地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神戸市東灘区の私立保育園の近くに住む男性が「子どもの声がうるさい」として、運営する社会福祉法人(岡山県津山市)に防音設備設置と慰謝料100万円の支払いを求めた訴訟で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は9日、「社会生活上、受忍すべき限度を超えているレベルとは認められない」として、男性の請求を棄却した。

 判決によると、保育園は神戸市が認可して2006年に開園し、定員は約120人。男性は約50年前から園の約10メートル北に居住している。市に保育園の騒音を…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集