メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昆虫食の伝道師

「虫ラーメン」好評 慶応大生が12日にイベント

篠原祐太さんと「凪」が開発した「虫ラーメン」。1杯につきコオロギ100匹でだしを取り、虫の持つうまみを引き出している=篠原さん提供

 世界的な食料不足問題の解決に一役買うと期待される「昆虫食」を広めようと、慶応大の学生が「伝道師」として活動を始めた。コオロギをスープのだしに使った「虫ラーメン」を東京・新宿のラーメン店と共同開発して店舗で出したところ、予想以上においしいと好評に。また、バレンタインデーを前に、昆虫食の初心者や女性も楽しめるようにと企画した「虫スイーツ」「虫カクテル」を楽しむパーティーも12日に開催する予定だ。【錦織祐一/デジタル報道センター】

 「実はおいしくて栄養価が高い、虫の食材としての魅力を知ってほしい」と意気込むのは、慶大3年の篠原祐太さん(22)。篠原さんが大学1年だった2013年5月。国連食糧農業機関(FAO)が、人口増加や地球温暖化対策として「昆虫食」を推奨する報告書を発表したことが活動のきっかけ。昆虫はたんぱく質、ビタミンなどを多く含んで栄養価が高く、牛や豚などの家畜に比べて飼育効率が良いので環境に優しいと指摘していた。

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです