メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示会

顔つきさまざま、名家のひな人形 来月5日まで、盛岡で /岩手

かつて高貴な女性たちに人気だった犬のチンの人形=盛岡市内丸のもりおか歴史文化館で

 南部家など名家ゆかりのひな人形や道具を集めた展示会が、盛岡市のもりおか歴史文化館で開かれている。江戸から昭和時代にかけての人形を展示。時代とともに顔つきも変わり、流行の移り変わりがうかがえる。

 江戸中期に登場した「次郎左衛門雛(じろうざえもんびな)」は、丸鼻の愛らしい顔立ちで、目や髪も墨で書かれた素朴な味わいだ。同館によると、町民文化が発展するにつれ、商家が競うように豪華絢爛…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです