メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王将戦

プロとして伝える 岡山市出身・菅井竜也七段、第4局を大盤解説 矢掛で13、14日 /岡山

岡山市北区で2016年8月に開かれた将棋イベントで子どもたちに指導する菅井竜也七段(右)=岡山県津山市の将棋指導員、森川邦夫さん提供

 矢掛町で13、14日に行われる将棋の第66期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)第4局で、大盤解説を担当するのが岡山市出身・在住のプロ棋士、菅井竜也七段(24)だ。県出身者として約四半世紀ぶりのプロ誕生と注目された新進気鋭の棋士は、「棋界最高峰の戦いを地元の皆さんに分かりやすく伝えたい」と意気込んでいる。【小林一彦】

 菅井七段は5歳の時に父の謙二さんと一緒に将棋を始めた。「小学校低学年の頃は父より少し強いレベルで、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです