メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
タクシー

初乗り「410円」 「ちょい乗り」早くも効果、23%増

東京23区でタクシー運賃が初乗り410円に値下げされた=東京都港区で、長谷川直亮撮影

 東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)のタクシー初乗り運賃が従来の2キロ730円から1・052キロ410円に1月30日に値下げとなり、2週間近くが経過した。国土交通省が新運賃導入後5日間(1月30日~2月3日)のサンプル調査を行ったところ、導入前の実績に比べ、730円以下の利用回数が約9%増加し、410円の利用回数は約23%増えたことがわかった。料金引き下げで、短距離の「ちょい乗り」効果が確認された格好だ。

 旧運賃では410円の設定はないが、導入前の1・052キロ以内の走行データから、利用回数が約2割増え…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです