メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第66期王将戦七番勝負

第3局 解説・飯野健二七段

会場となったホテルで大盤解説する飯野健二七段(左)と田丸昇九段=栃木県大田原市で2日

 第66期王将戦七番勝負第3局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、栃木県大田原市、下野新聞社後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は1、2日、大田原市のホテル花月で指され、挑戦者の久保利明九段(41)が郷田真隆王将(45)に124手で勝ち3連勝、6期ぶりの復位まであと1勝と迫った。居飛車対振り飛車の、美しい対抗形になった熱戦譜を、飯野健二七段の解説で振り返る。【編集委員、新土居仁昌】

 「さばきのアーティスト」の異名を持つ久保は、言わずと知れた振り飛車の第一人者だ。今期王将戦では第1局で十八番のゴキゲン中飛車を採用。第2局は意表を突く初手三間飛車、そして第3局は四間飛車と振り分け、将棋ファンを楽しませた。飯野七段は「振り飛車が最強であることを実証したいという思いの表れだろう」と話した。

この記事は有料記事です。

残り4041文字(全文4387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです