大阪府教委

病気休職中に欧州旅行 吹田市立中教諭を処分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府教委は10日、休職中にヨーロッパを旅行したとして、同府吹田市立中学校の女性教諭(32)を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

 府教委によると、教諭は病気を理由に休職中だった2014年11~12月に5泊7日でヨーロッパを旅行した。事前に相談した上司から控えるよう指導されたが従わ…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集