メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平尾誠二さん死去

800人が感謝 山中所長「治せなかった」

平尾誠二さんの感謝の集いで、公開された遺品に見入る人たち=神戸市中央区で2017年2月10日午後、貝塚太一撮影

 昨年10月に胆管細胞がんのため53歳で死去した元ラグビー日本代表監督の平尾誠二さんをしのぶ「感謝の集い」が10日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれた。式典にはスポーツ界などから約800人が参列し、故人を哀悼した。

 ラグビーのグラウンドを模した祭壇に、遺影が飾られた。平尾さんと親交のあった京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長(54)は弔辞で「プレーは叱っても人格は…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 沢尻容疑者逮捕 大河ドラマ出演予定のNHK「対応検討中」

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです