メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰線

鳥取県内の2駅で列車足止め 大雪と倒木で

大雪で電車が動けなくなり、車内で運行再開を待つ乗客たち=鳥取市のJR青谷駅で2017年2月11日午前5時35分、園部仁史撮影

 西日本の日本海側に降った大雪の影響で10日午後9時ごろ、鳥取市のJR山陰線鳥取駅で信号トラブルが発生。京都発鳥取行き特急列車「スーパーはくと」が津ノ井駅(同市)に停車したまま同日午後11時15分ごろから動けなくなった。乗客約130人は、運転再開までの約3時間半を車内で過ごした。山陰線ではほかに、線路への倒木と大雪の影響で普通列車が動けなくなり、乗客26人が車内で12時間以上過ごすなどした。JR西日本米子支社によると、体調不良などを訴えた人はいなかった。

 はくとは11日午前3時前、鳥取駅に到着。駅員らが乗客に水とビスケットを配った。乗客は疲れた表情で改…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです