メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー

初乗り410円 ちょい乗り効果で利用23%増

東京23区でタクシー運賃が初乗り410円に値下げされた=東京都港区で2017年1月30日、長谷川直亮撮影

 東京都心部(23区と武蔵野市、三鷹市)のタクシー初乗り運賃が従来の2キロ730円から1.052キロ410円に1月30日に値下げとなり、2週間近くが経過した。国土交通省が新運賃導入後5日間(1月30日~2月3日)のサンプル調査を行ったところ、導入前の実績に比べ、730円以下の利用回数が約9%増加し、410円の利用回数は約23%増えたことがわかった。料金引き下げで、短距離の「ちょい乗り」効果が確認された格好だ。

 旧運賃では410円の設定はないが、導入前の1.052キロ以内の走行データから、利用回数が約2割増えたことが確認された。国交省は「5日間の実績でみる限り、短距離の需要喚起にはつながっている」と話している。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです