メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

繰り返すか通商摩擦 米高官「自動車議題」

日米貿易摩擦の歴史

 米政府高官が10日の日米首脳会談を前に、「自動車」が主要議題になるとの見方を示した。対米貿易黒字や円相場が再び、日米間の火種となるのか。日本政府は、トランプ米大統領の対日批判が誤った認識に基づいている可能性があると見て、ひとまず現状認識をすりあわせた上で、通商・通貨政策での協調を模索する考えだ。【宮川裕章、井出晋平】

 「トランプ大統領の対日観は1980年代のままだ。米国の役所が実情を説明していないのか、それとも意図的な交渉手段なのか」。日本の自動車業界への批判を続けるトランプ氏の発言に、経済産業省幹部は首をかしげた。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです