メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

日本、通商手探り 避けたい2国間交渉

 日米首脳会談は、トランプ米大統領が問題視する対日貿易赤字など経済分野が焦点だ。安倍晋三首相は日本企業の米国経済への貢献を説明し、対日批判をかわすことを狙う。だが、過激な発言を繰り返すトランプ氏の出方は読めず、日本政府内では手探りが続いた。

 「トランプ大統領がどう出てくるか、全く読めない」。会談前、日本の経済官庁幹部は頭を抱えた。過去の会談は日米の事務方が入念な準備を重ねるのが通例だが、異例の「出たとこ勝負」(日本政府関係者)の色彩が濃い会談になった。

 苦慮した様子は、日本政府が会談に備えて作成した内部資料からもうかがえる。トランプ氏の関心を日本からそらそうとするシナリオが盛り込まれた。中国を想定して貿易や投資が公正に行われるためにどのようなルールが必要か、日米協議を呼びかける内容だ。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです