メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

最高裁でも入国禁止差し止め維持 米メディアが観測

米入国禁止を巡る訴訟の流れ

訴訟連敗、トランプ政権に政治的ダメージ

 【ロサンゼルス長野宏美】中東・アフリカのイスラム圏7カ国からの入国を一時禁止する大統領令を巡り、米西部カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁判所は9日、即時停止を命じたワシントン州の連邦地裁の仮処分を支持する決定を出した。トランプ米政権は地裁決定に続く敗北となった。米メディアは、政権側が連邦最高裁に上訴しても結果は変わらない可能性が高いと報じており、入国禁止の解除は当面続くとみられる。

 決定は民主党政権で指名された判事2人、共和党政権で指名された判事1人の合議で行われ、3人の判事の意見が全員一致した。原告の西部ワシントン州のファーガソン司法長官は9日、「完全な勝利だ。拙速で危険な大統領令は撤回すべきだ」と主張した。看板政策の一つを巡る訴訟で連敗したことで、トランプ政権側は大きな政治的ダメージを受けたといえる。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです